映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北原里英や浅川梨奈がとしまえんの思い出語る、小宮有紗はお祓い参加せずも無事

276

「映画 としまえん」先行上映会の様子。左からさいとうなり、松田るか、小島藤子、北原里英、浅川梨奈、小宮有紗。

「映画 としまえん」先行上映会の様子。左からさいとうなり、松田るか、小島藤子、北原里英、浅川梨奈、小宮有紗。

映画 としまえん」の先行上映会が本日5月2日に東京・池袋HUMAXシネマズで行われ、キャストの北原里英小島藤子浅川梨奈松田るかさいとうなり小宮有紗、監督の高橋浩が登壇した。

本作は、東京の練馬区にある遊園地・としまえんを舞台にしたホラー。高校時代からの仲良しメンバーでとしまえんに遊びに来た女性たちが、“としまえんの呪い”を試したことにより、恐ろしい現象に巻き込まれていくさまを描く。イベントではまず、としまえんにまつわるエピソードを尋ねられたキャストたち。北原は「撮影中もみんなで遊んだんです。打ち上げも閉園後にやったんですが、閉まっているお店を開けていただいたり、すごくよくしてもらいました」と振り返る。

小島が「誰もいない遊園地というのがそもそも珍しくて。本当にお化け屋敷で遊んでいるような感じでした」と話し、特に園内のミラーハウスが怖かったことを明かすと、浅川は「どこにいるのかわからないカメラマンさんが一番怖かった(笑)」と同意。高橋は同シーンについて「あれだけミラーハウスで撮ったのは、実は世界初なんじゃないかと。どうしてもスタッフが映り込むので普通は避けるんですが、準備をすごくしてやっと撮影したショットですね」と述べた。

同じ質問に、松田は「(出身地の)沖縄にはこういった遊園地がなかったので欲しいです! としまえんは地元に根付いているイメージがあって、土日にお子さんたちがワイワイ集まっていたのが印象的でした」とコメント。さいとうは「映画を観ていたら、こんなに怖いシーンだったのに、撮影の直前に爆笑してたことを思い出して。ホラーは“やって楽しい、観て怖い”というのがあるんだなって思いました」と語った。

撮影中に体験した恐怖体験を聞かれると、口火を切った松田は「スタッフさんの数が少なすぎたのがまず恐怖だった……」と述懐。続いて小宮は「私1人だけお祓いに参加しなかったんですよ」と明かし、浅川から「だから完成披露の日に体調不良だったんだ!」とツッコまれる。「でも何事もなく撮影は終わりました」と報告した小宮に、浅川は「なんならお化け屋敷に出てくるお化けたちと友達になってたよね」とうなずき、お化けたちに名前を付けていたというエピソードを披露した。

最後に北原は「としまえんさんと映画のコラボ企画もやっているので、相乗効果でどちらも盛り上がっていけたらうれしいです。そして、若くてかわいい女の子たちが集まると、こんなにもパワフルなんだなと、とても楽しい作品でした。そういったパワフルな部分も楽しんでいただけたらなと思います」と語り、イベントを終えた。

「映画 としまえん」は5月10日よりユナイテッド・シネマとしまえんほか全国で公開。

(c)2019 東映ビデオ

映画ナタリーをフォロー