映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

偶然の出会いが青年を変える、仏映画「パリに見出されたピアニスト」9月に公開

87

フランス映画「パリに見出されたピアニスト」が9月に公開される。

本作は夢を持たずに生きてきた青年・マチューが主人公のヒューマンドラマ。偶然耳にしたマチューのピアノ演奏に才能を感じた大人たちが、彼をピアニストに育てようとするさまが描かれる。リュック・ベッソンやギョーム・カネの助監督を務めたルドヴィク・バーナードがメガホンを取った。

マチューを演じるのは、「アスファルト」のジュール・ベンシェトリ。彼は俳優のジャン=ルイ・トランティニャンを祖父、映画監督・俳優のサミュエル・ベンシェトリを父、俳優のマリー・トランティニャンを母に持つ。そしてマチューを導く2人の大人にはランベール・ウィルソンクリスティン・スコット・トーマスが扮する。

「パリに見出されたピアニスト」は、東京・ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国でロードショー。

(c)Recifilms – TF1 Droits Audiovisuels – Everest Films – France 2 Cinema – Nexus Factory – Umedia 2018

映画ナタリーをフォロー