今度は恐竜!?「アイアン・スカイ」の続編「第三帝国の逆襲」公開決定

103

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」が7月12日に公開されることがわかった。

「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」ティザービジュアル

「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

2012年に公開された「アイアン・スカイ」の続編にあたる本作は、月面に潜んでいたナチスとの戦いから30年後の世界を舞台とする物語。地球は核戦争のために荒廃し、人々はナチスが残した月面基地で生き延びていたが、エネルギーの枯渇によって絶滅の危機に。主人公・オビは地球の深部に新たなエネルギー源が眠ることを知り、誰も足を踏み入れたことのない「ロスト・ワールド」へと旅立つが、そこはナチス・ヒトラーと結託した秘密結社ヴリル協会が君臨する世界だった。

監督を務めるのは前作でもメガホンを取ったティモ・ヴオレンソラ。ララ・ロッシが月面基地の機関士・オビ、ユリア・ディーツェが元月面ナチス青年団伍長レナーテ・リヒターを演じ、ウド・キアが元月面ナチスの総統ウォルフガング・コーツフライシュと第三帝国の総統アドルフ・ヒトラーの2役に挑戦した。ウラジミル・ブラコフ、キット・デイル、トム・グリーンも共演に名を連ねる。YouTubeにて公開された特報では、恐竜にまたがったヒトラーが「ジーク・ハイル!マザーフ☆ッカー」と侵略開始を告げるシーンが切り取られた。

「アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲」は東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

ティモ・ヴオレンソラのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019 Iron Sky Universe, 27 Fiims Production, Potemkino. All rights reserved.