映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

渋江譲二と大野いとが新卒採用に奮闘「新卒ポモドーロ」2020年春公開

438

左から渋江譲二、大野いと。

左から渋江譲二、大野いと。

渋江譲二大野いとがダブル主演する「新卒ポモドーロ」が、2020年春に公開される。

本作は、日本の就活をテーマに毎年1本ずつ映画を製作する「#観る就活プロジェクト」の第2弾。福岡で急成長しているベンチャー企業を舞台に、社長と若手社員が新卒採用に奮闘するバディムービーだ。人材不足で危機的状況に陥ったベンチャー企業の社長・北村創次が、高い営業成績を挙げている社員・川島美沙を新卒採用プロジェクトのリーダーに抜擢し、新卒採用に関する知見も予算もない中でともに会社の立て直しを図る。

北村を渋江、川島を大野が演じた。監督は、「#観る就活プロジェクト」の1作目「40万分の1」に引き続き、井上博貴が担当する。渋江は作品について「“企業は人なり”という言葉が実感できる、人間ドラマ」とコメント。大野は「採用試験を受けるたくさんの学生と触れ合ううちに、人の魅力に気付いたり、逆に傷つけられたり」と自身が演じた役柄について語った。

渋江譲二 コメント

就職活動未経験の僕ですが、「就活」というと学生の皆さんが色々な企業を周り、内定を獲得しにいくという、とにかく学生さんが選ばれるために苦労しているイメージでしたが、企業もより良い人材を求めていて、会社に魅力が無ければ働き手も心を動かされないというお互い様な関係だったことを、改めて感じました。“企業は人なり”という言葉が実感できる、人間ドラマです!

大野いと コメント

ベンチャー企業に入社3年目で、新卒採用担当を任せられる川島という役を演じさせていただきました。
採用試験を受けるたくさんの学生と触れ合ううちに、人の魅力に気付いたり、逆に傷つけられたりしながら奮闘する川島を通して、川島自身、そして川島を取り巻く周りの人間の成長が見られる物語となっています。
ぜひ劇場で見てくださると嬉しいです。

(c)2020「新卒ポモドーロ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー