映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「クロガラス」崎山つばさと植田圭輔の共通点は闇の深さ?心理テストでまさかの一致

3141

「クロガラス1」舞台挨拶付き上映会の様子。左から植田圭輔、崎山つばさ、最上もが。

「クロガラス1」舞台挨拶付き上映会の様子。左から植田圭輔、崎山つばさ、最上もが。

クロガラス1」の舞台挨拶付き上映会が本日3月9日に東京・シネマート新宿にて開催され、キャストの崎山つばさ植田圭輔最上もがが登壇した。

2部作「クロガラス」の第1弾となる本作は、主人公の黒斗率いる解決屋チーム“クロガラス”が、東京・新宿の裏社会で起こるトラブルに立ち向かうアクションエンタテインメント。黒斗役の崎山が「僕にとって初主演映画ということで、並々ならぬ思いで作りました」と思いを語ると、続いて挨拶した植田と最上も、崎山の“並々ならぬ思い”を感じ取ってほしいと観客に呼びかける。

印象的なシーンについて、崎山は「黒斗といえば机を蹴るシーン。けっこう何回も撮ってたんですが、もがちゃんが蹴るたびにビクってしていて」と明かすと、最上は「本当に人を殺めているんじゃないかって勢いでガンってやるから(笑)。あれはちょっと怖かった」と振り返る。続いて植田は、人生で初めてチェーンソーを握ったというシーンを挙げると「夜中の2時頃に急にチェーンソーの電源が入らなくなるということもあったりして、なかなか苦労したので印象深いです」と回想した。

撮影中のエピソードを問われると、崎山は「植ちゃんが盛り上げてくれるんです。IKKOさんのゲームをやったりして」と回答。すると植田は「『どんだけ~!』の言い方で4文字を言っていくってやつで、“さ”だと『さいこう~!』みたいな」と実演してみせ、会場を沸かせる。さらに最上が、植田の現場での様子を「ぴょんぴょん跳ねたりしてましたよね」と話すと、崎山も「赤ちゃんみたいな人なんですよ。バーっとしゃべったかと思うと、すぐ寝るっていう」と暴露。植田は「赤ちゃん!? そうかなー?」と照れ笑いを浮かべた。

ここで、裏社会に適性があるかどうかを明らかにする心理テストのコーナーに。事前に質問に答えたキャストたちの結果が発表され、裏社会で生き抜くことができるのは崎山と植田、できないのは最上、表と裏の顔に差があるのは崎山と植田という診断結果になった。司会者が「崎山さんと植田さんは、14問中13問の回答が同じでした」と明かすと、会場からは拍手が起こる。最上が「全然違うタイプに見えるけど、心の奥底の黒いところが似ているんですかね」と笑うと、崎山と植田は「闇が深いってことかもね」「闇は深いなー」と顔を見合わせた。

小南敏也が監督を務めた「クロガラス1」は本日3月9日よりシネマート新宿と大阪・シネマート心斎橋で1週間限定レイトショー。「クロガラス2」は3月30日より公開される。

(c)エイベックス・ピクチャーズ株式会社

映画ナタリーをフォロー