映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ティム・バートン「ダンボ」をコリン・ファレルが語る「物語に完全に心を奪われた」

136

「ダンボ」より、コリン・ファレル演じるホルト(左)。

「ダンボ」より、コリン・ファレル演じるホルト(左)。

ティム・バートンが監督したディズニー実写映画「ダンボ」より、キャストのコリン・ファレルやスタッフ陣のコメントが到着した。

1941年製作の同名アニメをもとに、大きすぎる耳のせいで笑い者にされるサーカス団の象ダンボの姿を描いた本作。ダンボとの出会いによって、周囲の人々が夢と希望を取り戻していく。

ダンボの運命を握るキーマンで、世話係・ホルトを演じるファレルは「ティム・バートン×ダンボという組み合わせを聞いたとき、オー・マイ・ゴッド! こんなに美しい響きはない、って興奮したよ。稀代のビジュアルアーティストと『ダンボ』という題材ほど、幸せな組み合わせはないと思った。そのあと脚本を読んで、物語に完全に心を奪われた」と振り返る。

プロデューサーのジャスティン・スプリンガーも「彼が映画で常に描き続けてきた“他人と違う個性を持つキャラクター”の要素がこの作品にマッチしている」と語り、「アニメーターの経験のあるティムならば、観客が感情移入できるようにダンボを描くことができる」と太鼓判を押した。

そして、「チャーリーとチョコレート工場」「アリス・イン・ワンダーランド」など多くの作品でバートンとタッグを組み、本作でもプロデューサーを務めるカッテルリ・フラウエンフェルダーは「単に写実的な子象にするのではなく、写実性と、ティム・バートン作品の持つファンタジー描写とのバランスを大事にしました」と明かす。続けて「ダンボのストーリー、ホルトと家族のストーリー、経営危機のサーカスやダンボで金もうけしようとする大人たちのストーリーと複数の物語が存在しているので、観客の年齢や興味対象が違っても楽しんでもらえると思います」とアピールした。

エヴァ・グリーン、マイケル・キートン、ダニー・デヴィートも出演する「ダンボ」は3月29日より全国でロードショー。

(c)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved

映画ナタリーをフォロー