映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

キスマイ北山宏光「トラさん」のダメ夫役に「尻に敷かれるくらいがちょうどいい」

1827

「トラさん~僕が猫になったワケ~」初日舞台挨拶の様子。

「トラさん~僕が猫になったワケ~」初日舞台挨拶の様子。

トラさん~僕が猫になったワケ~」の初日舞台挨拶が本日2月15日に東京・TOHOシネマズ 新宿で行われ、キャストの北山宏光Kis-My-Ft2)、多部未華子平澤宏々路、監督の筧昌也が登壇した。

交通事故で命を落とすも1カ月の猶予を与えられ、トラ猫の“トラさん”としてよみがえったマンガ家・高畑寿々男を主人公とした本作。北山が寿々男、多部がその妻・奈津子、平澤が娘・実優をそれぞれ演じている。初日を迎えた北山は「撮影してから約1年くらい準備期間がありまして、やっと皆さまに見せられることをうれしく思います」と感慨に浸る。そしてHey! Say! JUMPの薮宏太から「一緒に行こう!」と誘われたことをうれしそうに明かした。「どこかでお会いするかもしれないですね」とファンに笑顔を向けると、多部は「どこの映画館に観に行かれるんですか?」と真顔で尋ね、司会者も「いつ頃、観に行かれるんですか?」と質問攻め。北山が「いやいやいや! 俺のスケジュールバラすの?」と慌てふためき、「東京かな!?」とこぼした。

平澤から、毎朝同じジュースを片手に撮影現場に入っていたことを暴露された北山。平澤が「あれは何を飲んでたんですか?」と首を傾げると、北山は「あれは……タピオカミルクティーでした。今はネットで頼めるじゃないですか。頼んだのを冷蔵庫に置いておいて、ちょっと固まったタピオカミルクティーを飲むのが好き」と少し照れながら明かす。多部は「毎朝買ってるのかと思ったら、まとめ買いしてストックしているらしいです」と北山のタピオカミルクティー情報を補足した。

撮影現場で多部が北山のファッションチェックを行っていたというエピソードも飛び出す。北山が「これどこで買ったの?というところからコミュニケーションを取っていました」と明かすと、多部は「いつも不思議な……素敵な服」と言い直し、観客の笑いを誘う。終始いじられ気味の北山だが、多部は「今回現場で一番盛り上げてくれたし、和やかな現場にしてくれた。ピリピリすることもなく楽しい空気を作ることができるのは、人柄なんだろうなと思う瞬間がいっぱいありました」と感謝を伝え、「あとやたらポジティブですね。信じられないくらい。本気でいろいろ言っても『またまたー』って言われちゃう」と感心した様子。北山が「そういう冗談なのかなって」とポジティブ発言をすると、多部は「ほーらね!」と爆笑する。司会者に「初日舞台挨拶でかなりいじられてますね」と言われた北山は「いいんですよ。ダメ夫役なんでね。尻に敷かれるくらいがちょうどいい」と笑みをこぼした。最後には映画に出演する猫の金時が登場し、北山は金時を抱きながらフォトセッションに応じた。

映画ナタリーをフォロー