映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

舘ひろし、“娘”新垣結衣と再会!ブルーリボン賞授賞式で“裸にバスローブ”の話も

668

左から舘ひろし、新垣結衣。

左から舘ひろし、新垣結衣。

本日2月6日、第61回ブルーリボン賞の授賞式が東京・イイノホールで開催され、主演男優賞を受賞した舘ひろしが出席した。

舘は、中田秀夫が監督を務めた「終わった人」での演技が評価され同賞を獲得。ステージにて舘は「昔から芝居には自信がなくて。たぶん運がよかったんだと思います」と謙虚に挨拶する。自身が生まれた1950年にブルーリボン賞が創設されたことに言及しながら、「歴史のある賞をいただいて。たくさんの俳優の方々の中に、僕の名前が連なるというのは本当にうれしいです」とほほえんだ。

舘と司会の新垣結衣は、2007年にドラマ「パパとムスメの7日間」で共演した。「パパ!」と言いながらうれしそうに寄ってくる新垣を、舘はにっこりした表情で迎える。「終わった人」の撮影を振り返りながら舘は「これまでアドリブを許されないことが多かったんです。『あぶない刑事』のときは柴田恭兵がけっこうアドリブをするんですけど、監督が『舘くんはやめておこうか』って(笑)。今回は『ここでこうしたい』と言うと、中田監督がかなり乗ってくれました」と述べる。新垣とともに司会を務めた阿部サダヲは「うわさになってることを聞いてもいいですか? 舘さんって現場に裸にバスローブで行くんですか?」と質問。舘が「どうせあとで着替えるんだったらバスローブがいいかなって」と答えると、阿部は「カッコいい……!」と羨望のまなざしを向けた。それを聞いた新垣は「トースターを持参されることもありますよね? 『結衣、食べるか?』って」と共演時を回想。舘は笑顔でうなずきながら「超熟です!」と宣言し、会場を沸かせた。

第61回ブルーリボン賞作品賞のレポートはこちら

第61回ブルーリボン賞監督賞のレポートはこちら

第61回ブルーリボン賞主演女優賞のレポートはこちら

第61回ブルーリボン賞助演男優賞のレポートはこちら

第61回ブルーリボン賞助演女優賞のレポートはこちら

第61回ブルーリボン賞新人賞のレポートはこちら

映画ナタリーをフォロー