映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

仙道敦子と山田裕貴が「イノセンス」で親子役「もはや本当の息子」

455

坂口健太郎が主演を務める日本テレビ系の連続ドラマ「イノセンス~冤罪弁護士~」の第2話に、仙道敦子山田裕貴が出演することが発表された。

本作は冤罪を晴らすという“奇跡”を起こすため、執念と情熱、そして科学を武器に弁護士・黒川拓が逆転劇に挑む人間ドラマ。不可能に近いとされる冤罪弁護に積極的に立ち向かう拓を坂口が演じ、拓に振り回される新米弁護士・和倉楓に川口春奈、拓に力を貸す科学者・秋保恭一郎に藤木直人が扮する。演出を南雲聖一、丸谷俊平が担当し、脚本は古家和尚が手がけた。

仙道と山田は親子役で出演。女手一つで息子を育てた母親を仙道、ある罪を着せられた息子を山田が演じる。仙道は「現場では主演の坂口さん、川口さんを始め監督スタッフさんからの熱気が溢れており短い時間でしたが、非常に濃い時間を経験しました。今回は息子役で山田裕貴くんが一緒で偶然にも親子が続き、もはや本当の息子に思えてきております(笑)」とコメント。またNOAとして第36回レコード大賞をともに受賞し、1話にゲストとして出演した吉田栄作について「撮影中に栄作君のお名前をお聞きした時は驚きと懐かしさであの頃の記憶が蘇って来ました」と話した。山田は「同世代として、坂口健太郎くんとご一緒出来て嬉しかったです。短い期間でしたが、役に向き合える温かい現場でした」と撮影を振り返っている。

「イノセンス~冤罪弁護士」は1月19日より放送される。

イノセンス~冤罪弁護士~

日本テレビ系 2019年1月19日(土)スタート 毎週土曜 22:00~
※初回15分拡大スペシャル

仙道敦子 コメント

現場では主演の坂口さん、川口さんを始め監督スタッフさんからの熱気が溢れており短い時間でしたが、非常に濃い時間を経験しました。今回は息子役で山田裕貴くんが一緒で偶然にも親子が続き、もはや本当の息子に思えてきております(笑)。そしてもう一つ。撮影中に(吉田)栄作君のお名前をお聞きした時は驚きと懐かしさであの頃の記憶が蘇って来ました。時の流れを感じると共に沢山の御縁に溢れたお仕事でした。

山田裕貴 コメント

同世代として、坂口健太郎くんとご一緒出来て嬉しかったです。短い期間でしたが、役に向き合える温かい現場でした。やったとかやってないとか人に信じてもらうということは、非常に難しいことだと思います。「冤罪」は本当に世界で起きていると思うと、冤罪にかけられた役をやった身としてつらいし、悔しさがあります。視聴者の皆様にも苦しんでいる人たちがいることを少しでも知って頂けると嬉しいです。

映画ナタリーをフォロー