映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

テニスの王子様劇場版「リョーマ!」2020年早春公開、“空白の3カ月間”描く

282

「ジャンプフェスタ2019」の様子。

「ジャンプフェスタ2019」の様子。

リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」が、2020年早春に全国公開されるとわかった。

許斐剛原作のマンガをもとに、テレビアニメやミュージカル、実写映画などが展開されてきた「テニスの王子様」シリーズ。現在は「新テニスの王子様」がジャンプSQ.にて連載されている。

劇場版の情報は、本日12月22日、千葉・幕張メッセで開催中の「ジャンプフェスタ2019」にて発表されたもの。この「新テニスの王子様」ステージには許斐のほか、越前リョーマ役の皆川純子、手塚国光役の置鮎龍太郎、大石秀一郎役の近藤孝行、不二周助役の甲斐田ゆきといった声優キャスト、そして「ミュージカル『テニスの王子様』」キャストの阿久津仁愛、青木瞭、江副貴紀、皆木一舞、田口司、竹ノ内大輔、岩田知樹、大久保樹、中島拓人が登壇した。

この劇場版には、「テニスの王子様」と「新テニスの王子様」の間にあたる、空白の3カ月のエピソードが、オリジナルストーリーとして展開される。本日のイベントでは、各学校のカラーを用いステンドグラスをイメージしたというタイトルロゴも解禁。さらにテニスラケットを持ち着物を腰に巻くリョーマの姿とサムライの影を描いた、許斐によるイメージビジュアルもお披露目された。

ステージにて許斐は「オリンピックイヤーの幕開けとして、“テニプリ”を世界に持っていきたいです。世界に通じるコンテンツだということを知らしめたいと思います! 皆さん、ぜひ楽しみに待っていてください!」とコメント。最後には自信が作詞・作曲した「テニプリっていいな」を歌唱した。

映画ナタリーをフォロー