映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

【試写会】連続猟奇殺人に取り憑かれた男の運命描く「迫り来る嵐」25組50名招待

109

第30回東京国際映画祭で最優秀男優賞と最優秀芸術貢献賞を獲得した中国映画「迫り来る嵐」が1月5日に公開。本作のトークイベント付き特別試写会が、12月19日に開催される。

1997年、中国の小さな町を舞台に、連続猟奇殺人事件の捜査に取り憑かれた男の運命と愛の行方を描いた本作。主人公ユィは古い国営製鋼所で警備員をしながら、刑事気取りで捜査に首を突っ込む。自ら犯人を捕まえようと奔走するユィは、死体が発見されるたびに事件へと執着していく。

「ミッション:アンダーカバー」のドアン・イーホンがユィを演じた。監督と脚本を担当したのは、本作で長編デビューを果たし、第12回アジア・フィルム・アワードで最優秀新人監督賞を受賞したドン・ユエ。第55回金馬奨では国際批評家連盟賞も獲得した。

映画ナタリーでは、東京・京橋テアトル試写室で行われる試写会に25組50名をご招待。映画評論家・松崎健夫と東京国際映画祭プログラミングディレクター・矢田部吉彦によるトークショーも行なわれる。応募はメールにて12月11日17時まで実施。詳細は映画の公式Facebookにある応募要項で確認してほしい。

「迫り来る嵐」トークイベント付き特別試写会

開催日時:2018年12月19日(水)開場 18:30 / 開演 19:00 / 終演 21:30頃(予定)
会場:京橋テアトル試写室
当選人数:25組50名
応募期間:受付中~12月11日(火)17:00
<イベント内容>
本編上映 / 映画評論家・松崎健夫と東京国際映画祭プログラミングディレクター・矢田部吉彦によるトークショー

「迫り来る嵐」トークイベント付き特別試写会に25組50名様ご招待!応募はこちら(外部サイトに接続します)

(c)2017 Century Fortune Pictures Corporation Limited

映画ナタリーをフォロー