映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

滝沢秀明の主演ドラマ「孤高のメス」、肝移植を巡り仲村トオルと対立する予告編

394

滝沢秀明が主演を務める「連続ドラマW 孤高のメス」の予告編がYouTubeにて解禁。あわせてポスタービジュアルが到着した。

本作は、現役医師・大鐘稔彦の小説「孤高のメス」シリーズをもとに、1980年代後半、滝沢演じる民間病院の外科医・当麻鉄彦が古い慣習に塗り固められた医療体制と闘うさまを描く医療ドラマ。

予告編は、手術着を着た当麻が医師としての理想を語る姿から始まる。肝移植を巡って、当麻と仲村トオル演じる近江大学医学部外科の助教授で野心にあふれた医師・実川剛が対立する様子が映し出されていく。さらに、工藤阿須加山本美月石丸幹二長塚京三宮川一朗太利重剛三浦誠己六平直政本田博太郎キムラ緑子が扮したキャラクターも登場する。

「連続ドラマW 孤高のメス」は2019年1月13日よりWOWOWプライムにて放送。「連続ドラマW アキラとあきら」の前川洋一が脚本、「晴れのち晴れ、ときどき晴れ」の内片輝が監督を務めた。

連続ドラマW 孤高のメス

WOWOWプライム 2019年1月13日(日)スタート 毎週日曜 22:00~
※全8話。第1話のみ無料放送

映画ナタリーをフォロー