映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ビブリア古書堂」黒木華、野村周平、三島有紀子の“関西トリオ”を大阪の観客が歓迎

384

「ビブリア古書堂の事件手帖」大阪舞台挨拶にて、左から野村周平、黒木華、三島有紀子。

「ビブリア古書堂の事件手帖」大阪舞台挨拶にて、左から野村周平、黒木華、三島有紀子。

ビブリア古書堂の事件手帖」の舞台挨拶が、大阪・TOHOシネマズ なんばで10月10日に行われ、キャストの黒木華野村周平、監督の三島有紀子が登壇した。

三上延の小説を映画化した本作は、黒木扮するビブリア古書堂の店主・篠川栞子が古書にまつわる数々の謎を解き明かしていくミステリー。黒木と三島は大阪出身、野村は兵庫出身ということで、地元関西の観客は温かいムードで3人を迎える。黒木と野村は関西弁のイントネーション全開で喜びを伝えた。

黒木と野村は本作が初共演。互いの印象を、黒木は「ご一緒する前はけっこうガツガツ来る方かと思っていましたが、実際お会いしてみると、空気を読みながら気を使える方」、野村は「僕みたいなタイプは絶対嫌いやと思っていたけど、すごく優しい方で、笑顔でどんな話でも聞いてくれて、まさにそこに栞子さんがいるようだった」と打ち明けた。また2人が仲良くなったため、三島が一緒に飲みに行ったことを明かすと、野村は「でもそんな3人の中に、成田凌という邪魔者が入ってくるんですよ。俺らの間に急に!」と、共演者である成田の名を出して悔しそうなそぶりを見せる。黒木と三島が口をそろえて「(成田さんが)一番人気やねんな!」とおどけ、野村を焦らせる一幕も見られた。

さらに三島からは、黒木と野村の役にまつわるエピソードも。栞子の髪を耳にかけるしぐさは、黒木がクランクイン前の本読みの際に恥ずかしそうにしていた癖を三島が役柄に取り入れたという。過去の体験がきっかけで活字恐怖症になった五浦大輔のキャスティングに関しては、三島が野村に会った際に「どんな本を読むの?」と尋ねたところ、野村が「読まない」と答えたそうで「(大輔役に)ちょうどいいと思った」と笑いを誘う。

最後に黒木は「原作が好きな方も、原作を読まれてない方も楽しんでいただける作品。鎌倉の風や、古本の匂いを感じながら観ていただけるとうれしいです」と観客に伝え、三島は「黒木華さん、野村周平さん、東出昌大さん、夏帆さん、成田凌さん、このキャストたちと一緒に1つの映画を作れたことは、私の中で宝物のような時間でした」としみじみ語った。

「ビブリア古書堂の事件手帖」は11月1日より全国でロードショー。

(c)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

映画ナタリーをフォロー