映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「パパわる」棚橋弘至がサプライズに涙、木村佳乃は「棚橋さんは女子力が高い」

146

「パパはわるものチャンピオン」公開記念舞台挨拶の様子。左から藤村享平、木村佳乃、棚橋弘至、寺田心、高橋優。

「パパはわるものチャンピオン」公開記念舞台挨拶の様子。左から藤村享平、木村佳乃、棚橋弘至、寺田心、高橋優。

パパはわるものチャンピオン」の公開記念舞台挨拶が9月22日に東京・TOHOシネマズ 新宿にて行われ、キャストの棚橋弘至木村佳乃寺田心、監督の藤村享平が登壇した。

板橋雅弘と吉田尚令による絵本を原作とした本作は、元人気レスラーで、今は悪役レスラー・ゴキブリマスクとして戦う大村孝志とその家族の絆を描き出す物語。主人公・孝志を演じた棚橋が、藤村に「初めての打ち合わせのとき、本当に『棚橋でいける!』と思ってくれたのかなって……」と恐る恐る質問すると、藤村は「棚橋さんと一緒にやることは本当に決めていました。お会いして、棚橋さんの覚悟をすごく感じたんです」と明かす。

棚橋は「木村さんや寺田さんに演技の面ですごく助けられたので、スタッフさんやエキストラさんに積極的に声をかけたり、いい雰囲気で撮影できるように座長として努めていました」と撮影を回想。夫の仕事を支える妻・詩織役の木村は「棚橋さんは、とっても強そうですが、すごくかわいらしい一面もあるんです。差し入れのスイーツに飛び付いたり、写真を撮ったりして女子力が高いなーと(笑)」とエピソードを披露する。「棚橋さんはたくさん遊んでくださりました。プロレスごっこしたり」と話した息子・祥太役の寺田は、棚橋とともに“オカダ・カズチカのレインメーカーをよけて棚橋に一撃する”という遊びを実演してみせた。

イベントには主題歌「ありがとう」を提供した高橋優も出席。高橋は「何度も観て、その都度新しい発見があって、大好きな映画になりました。人の温かさが伝わってくる映画だなと思ったので、そういう方向で曲を作っていきました」と振り返る。また、本作の監督補佐を務めた塩崎遵が登場し、サプライズの手紙を読み上げる場面も。棚橋は「笑顔無理ですよ……。ありがとうございます」と涙を見せながら感謝し、最後は「皆さん、愛してまーす!」と決めゼリフで締めくくった。

「パパはわるものチャンピオン」は現在公開中。

(c)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

映画ナタリーをフォロー