映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「モダンライフ・イズ・ラビッシュ」主演俳優が来日、ギター弾き語りを披露

71

「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~」先行試写会に登壇したジョシュ・ホワイトハウス。

「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~」先行試写会に登壇したジョシュ・ホワイトハウス。

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~」の先行試写会が本日9月19日、東京・新宿ピカデリーで行われ、主演のジョシュ・ホワイトハウスが舞台挨拶に登壇した。

イギリスのロックバンド・ブラーのアルバムタイトルを冠した本作は、夢を追い続けるミュージシャンのリアムと、レコードジャケットデザイナーになる夢を持ちながらも広告会社で働くナタリーの恋を描くラブストーリー。自身もミュージシャンとして活動しているホワイトハウスは、本作でリアムを演じて長編映画初主演を果たした。

ファンの声援に迎えられ、チャーミングな笑顔を振りまきながら登場したホワイトハウス。演じた役について「ミュージシャンとしてもがいている男の子」と表現し、「ある意味過去にとらわれているけど、それは彼にとって大切なものを守りたいから。でも彼の周りで世界は変わっていって、それにちょっと追い付いていけてないところがあるんだ」と説明する。

また「実は僕も(リアムと同じで)メインストリームの音楽があまり好きじゃない。もちろん、いい曲もあるけど。シニカルなところが僕とリアムの共通点かな」と打ち明け、「1人のプロデューサーがいろんな音楽を手がけるより、自分だけのオリジナルな曲を作りたいと思って音楽を始めたんだ」と自身の音楽活動に言及した。

ホワイトハウスは、劇中でリアムが所属するバンド・ヘッドクリーナーの楽曲の作詞を担当している。「どこの国に行くときもギターを持っていくよ」と話す彼は、ギターを手に取りヘッドクリーナーの楽曲を弾き語りで披露。まずは「ナタリーの心を勝ち取るために作った曲だよ」と紹介して、映画の予告編にも使用されている「リコリス・ガール」をしっとり歌い上げる。続いてアップテンポの「Give It Til You've Lost It」を熱唱。歌い終えると「音楽を聴くと、みんないろいろなことを思い出すと思う。音楽はノスタルジアを感じるもの。そして情熱や愛が詰め込まれたものだよね」と音楽への愛情を熱く語った。

「モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~」は11月9日より東京・新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開。

(c)Modern Life Pictures Limited 2016

映画ナタリーをフォロー