映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「力俥」関智一や木村良平がマニア向け朗読劇披露、小野賢章はNG30回がトラウマに

1050

左からアベ ユーイチ、木村良平、関智一、小野賢章、むとうやすゆき。

左からアベ ユーイチ、木村良平、関智一、小野賢章、むとうやすゆき。

「力俥-RIKISHA-」シリーズの新作「浅草立志編」「すみだ旅立ち編」の完成披露上映イベントが、本日9月1日に東京・ニッショーホールにて開催され、キャストの関智一木村良平小野賢章、監督のアベ ユーイチ、脚本家のむとうやすゆきが登壇した。

関が主演する実写シリーズ「力俥-RIKISHA-」は、人力車を操る気立ての良い俥夫・凜太郎と客の間に起こるささやかな物語を描くもの。これまで土屋太鳳をゲストに迎えた「鎌倉純愛編」、小野友樹が出演した「草津熱湯編」が製作されてきた。新作を含む全4作品は、12月5日にDVDが発売決定。ステージに上がった関は「最初に演じたのは5年前。アベさんとむとうさんに『自主映画を作るんだけど、出演しませんか』と誘っていただいたのがきっかけでした。ようやくこの売れっ子の皆さんの力を借りて、みんなに観てもらえるようなセルビデオ化までこぎつけました」とゲストに感謝を述べた。

第3弾「浅草立志編」でお笑い芸人・シロウを演じた木村。関や小野賢章から「駄々のこね方が子供みたいだった」などとキャラを笑われつつも、客席に来ていた相方役・大高雄一郎を指し「うちの相方なんですよ、カッコいいでしょ」と笑顔を見せた。ロケ地に関する話題では、関が言葉巧みにアニメ「ミスター味っ子」のモデルとなった浅草の天丼屋などを紹介。それを受け木村は「撮影中の関さんは、人力車に僕を乗せながらこういう話をしてくれるので、(本物の)俥夫さんかな?と思った」と爆笑を起こした。

第4弾「すみだ旅立ち編」のメインキャラである青年・圭太に扮した小野賢章は、“セリフが覚えられない”という自身の弱点を告白。弁当を食べながら会話する共演シーンで30テイクもNGを出されたという関が「僕が死ぬほど弁当を食うことになるという(笑)」と暴露すると、小野賢章は改めて「“小野賢章仕事”史上、5本指に入るくらいのトラウマになった。すみませんでした」と頭を下げて謝罪した。また劇中で圭太が平手打ちされるシーンは、SEを使わずに済んだほど思い切り打たれているそうで、小野賢章は「あれは記憶が飛びました」と回想。それを聞いた木村は「そこが30テイクにならなくてよかったねえ」と言い、関は「(セリフを覚えられなかったのは)その後遺症の可能性あるよね」と笑いを誘った。

後半では、第1弾と第2弾の劇中に登場するアニメにちなんだ朗読劇「爆闘相棒(バディ)リック&ショウ ~ジョウザとカジ坊の逆襲~」を上演。関演じる俥夫のショウたちのもとへ、小野賢章と木村扮する元盗賊団のジョウザとカジ坊が復讐しにやってくるという内容のコメディが展開される。超マニア向けのコアな物語だったが、客席の好反応を見た関は「普通に笑ってるから、みんなの順応力の高さや優しさはすごいなと思った(笑)」とコメント。木村は「本編の漫才も、みんなの前でやったらもっと気持ちよくできたんじゃないか」と泣き言をこぼした。

サイン入り台本をかけたじゃんけん大会では、観客とのじゃんけんに挑む前に木村が「次で全滅させてやる」と、小野賢章が「皆殺しにしてやるよ……」といい声で放ち歓声を起こした。そして第3弾と第4弾のDVDにはメイキングが収録されることから、アベが「本編には入っていませんが、木村さんは実は本当に漫才をやってくれました。それがまるまるメイキングに入っています。傑作です」と発表。最後に関が「我々は声優と呼ばれることが多いとはいえ、役者ですから。僕らが普段やっているアニメの役とは違う面が伝われば、アニメを観るのももっと楽しくなるかもしれないと思って、この映画を作りました。もっとチャンスを作るためには、皆さんがこの4作を買ってくれないと(笑)」とアピールした。

終演後の囲み取材では、朗読劇の感想について質問が。関は「第1弾と第2弾のスピンオフにあたるので、今日上映された本編に関わっていない。反応はどうかなと思いましたけど、楽しんでいただけたようなのでホッとしました」と安堵の表情を浮かべ、木村は「あんなに楽しんでいただけたなら、次回作のイベントでもやってくれるんじゃないか」と期待を込める。また小野賢章は「みんなで一緒に旅立つところで終わったので、次もジョウザたちが出てくるかなと思っています。それに付随して、映画のほうにも出ないわけにはいかないなと(笑)」と本編への再出演にも言及した。

また次回作の構想を尋ねられると、アベは「このシリーズはどこで撮るかが大きい。今の候補は松本か金沢です。関さんのご親戚が松本で温泉をやっているそうなので。いつも縁を大事に作っているので、ロケハンに行ってつかんだものでお話を作りたい」と回答。むとうもそれに同意しつつ「次は1本で長尺の映画にしたい」と構想を明かした。また関が「今まで出会った人々が、ちょっとずつまたお話に絡んで来たら面白いなと。『あいつに聞いてみよう!』と言って電話するとか」とアイデアを出すと、木村は「となると、次回作で僕はハワイに(行きたい)……(笑)」と発言。アベやむとうは「最終目的地は海外!」「シャンゼリゼ通りという話もありました」と盛り上がった。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正します。

(c)「力俥」製作委員会

映画ナタリーをフォロー