映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

妻夫木聡×水原希子「民生ボーイ」大根仁と渋谷直角のコメンタリー収録レポが到着

71

左から渋谷直角、大根仁。

左から渋谷直角、大根仁。

3月14日に発売される「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」のBlu-ray。その音声特典である、監督・大根仁と原作者・渋谷直角のオーディオコメンタリー収録レポートが到着した。

本作は、奥田民生に憧れる雑誌編集者・コーロキが、美人ファッションプレスのあかりに翻弄されていくラブコメディ。妻夫木聡がコーロキ、水原希子があかりを演じ、新井浩文、安藤サクラ、松尾スズキらが出演者に名を連ねた。

オーディオコメンタリーにて、大根は劇中に登場するエピソードについて「これは実体験?」「モデルはいる?」と渋谷に質問。また、「2人(大根と渋谷)ともファッションプレスには痛い目に遭ってるよね」とぶっちゃける大根に対し、渋谷が「痛い目に遭うほど近付けないですよ」と言いながらも「プレスの人は愛想がいいし、すごくよくしてくれるから、勘違いしてしまう男性は多い」と分析する。最後に、渋谷は本作について「何より妻夫木聡さんの表情が素晴らしい。その“顔”だけですべて持っていける感じがあって、すごい」とコメント。大根は「水原希子さんの今現在のいいところはすべて撮りきったつもり」と自信をのぞかせた。

(c)2017「民生ボーイと狂わせガール」製作委員会

映画ナタリーをフォロー