映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

トム・クルーズが尻丸出しでおどける「バリー・シール」本編映像

70

「バリー・シール/アメリカをはめた男」新場面写真

「バリー・シール/アメリカをはめた男」新場面写真

トム・クルーズ主演作「バリー・シール/アメリカをはめた男」の本編映像がYouTubeにて公開された。

本作では、CIAエージェントと麻薬の運び屋という2つの顔を持っていた実在の航空機パイロット、バリー・シールの数奇な人生が描かれる。「オール・ユー・ニード・イズ・キル」でもクルーズとタッグを組んだダグ・リーマンがメガホンを取った。

映像では、バリーが次々に舞い込んでくる仕事と平行してダミー会社を立ち上げ、「金を“洗浄する”暇もない」と言いながら巨額の富を荒稼ぎしていくさまが切り取られている。調子に乗ったバリーがズボンを下げ、尻を丸出しにしておどける様子も収められた。

クルーズは「バリーは家族を愛している優れたパイロットだが、向こう見ずなアンチヒーローでもある。バリーの悪事は許されることではないが、自らの願望を成しとげた彼にやはり興味を覚えてしまうよ。彼は既成概念にとらわれない自由な男で、当時の航空業界では非常にユニークな人物だった。今の社会ではすべてがコントロールされているし、空域も制御されている。バリーや仲間のパイロットが当時できていたことは、今考えるとあり得ないことなんだ」とコメントしている。

「バリー・シール/アメリカをはめた男」は、10月21日から全国ロードショー。

(c)Universal Pictures

映画ナタリーをフォロー