映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

小林薫が批評家大賞の主演男優賞獲得、「傍観者にもドラマはある」

120

小林薫

小林薫

第26回日本映画批評家大賞実写部門の授賞式が本日5月16日、東京・東京芸術劇場にて開催され、主演男優賞に選ばれた小林薫が登壇した。

松岡錠司が監督を務めた「続・深夜食堂」での演技が評価された小林。登壇まで樹木希林と奈良岡朋子に囲まれた席で待っていたと言う小林は「息が詰まりました」と述べ、会場の笑いを誘う。また主演作の役どころを「セリフは『いらっしゃい』『あいよ』『お待ち』が大半を占めてる」と説明し、「セリフがほとんどない役の小林でいいのか?という声が上がりそう。でも事件を起こした人にだけドラマがあるんじゃなくて、傍観者にもドラマはあるんだと思い、堂々と受け取らせていただきます」と笑顔で語った。

「湯を沸かすほどの熱い愛」で主演女優賞を獲得した宮沢りえは、都合により欠席。会場では「作品に携わったすべての人々に感謝しています。この作品が色褪せることなく生き続けたらいいなと思っています」という宮沢のコメントが代読された。

日本映画批評家大賞は、映画界を励ます目的のもと現役の映画批評家たちが選定する映画賞。映画ナタリーでは、表彰式全体の様子を追ってレポートする。

映画ナタリーをフォロー