映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ラブ・アクチュアリー」の14年後を描く短編製作決定、ヒュー・グラントら再集結

508

「ラブ・アクチュアリー」(写真提供:T.C.D / VISUAL Press Agency / ゼータ イメージ)

「ラブ・アクチュアリー」(写真提供:T.C.D / VISUAL Press Agency / ゼータ イメージ)

リチャード・カーティス監督作「ラブ・アクチュアリー」の続編が、短編作品として製作されるとIndiewireなどが報じた。

2003年に製作され、19人の男女の恋模様が描かれた「ラブ・アクチュアリー」。この続編企画はイギリスの慈善団体が毎年行うチャリティイベント「レッド・ノーズ・デー」の一環で、「Red Nose Day Actually(原題)」と題した約10分の短編として、現地時間3月24日に英国のBBC Oneで放送される。ヒュー・グラントキーラ・ナイトレイコリン・ファースリーアム・ニーソンローワン・アトキンソンビル・ナイらキャストがそれぞれの役の14年後を演じ、カーティスが再び監督と脚本を担当するという。なおハリー役のアラン・リックマンは2016年1月に逝去しており、ハリーの妻カレンを演じたエマ・トンプソンの出演は現状アナウンスされていない。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー