映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ジョン・ウィック」続編、日本公開は七夕!LAプレミアに「マトリックス」俳優集結

230

「ジョン・ウィック:チャプター2(仮題)」LAプレミアの様子。左からチャド・スタエルスキ、ローレンス・フィッシュバーン、ルビー・ローズ、キアヌ・リーヴス。(c)ロイター/アフロ

「ジョン・ウィック:チャプター2(仮題)」LAプレミアの様子。左からチャド・スタエルスキ、ローレンス・フィッシュバーン、ルビー・ローズ、キアヌ・リーヴス。(c)ロイター/アフロ

キアヌ・リーヴス主演「ジョン・ウィック」の続編にあたる「ジョン・ウィック:チャプター2(仮題)」の日本公開が7月7日に決定した。

2015年公開の「ジョン・ウィック」は、亡き妻の遺した子犬をマフィアに殺され、復讐の鬼と化す元殺し屋ジョン・ウィックの姿を描いた作品。ガンアクションとカンフーを融合した“ガンフー”という新たなスタイルを打ち出した。その続編「ジョン・ウィック:チャプター2」では、前作のラストで救った新しい愛犬とともに静かに暮らしていたジョンが、再び戦いに巻き込まれていく。前作と同じくチャド・スタエルスキがメガホンを取り、リーヴスとは「マトリックス・レボリューションズ」以来の共演となるローレンス・フィッシュバーンも参加する。

またアメリカのアークライト・ハリウッドでは、現地時間1月30日に本作のLAプレミアが開催された。会場にはリーヴス、フィッシュバーン、スタエルスキらに加え、特別ゲストとしてキャリー=アン・モスが登場。「マトリックス」シリーズの主要キャストが再集結し、観客を沸かせた。

リーヴスは本作について「レベルが上がっているよ! 世界が広がっているし、地下世界での戦い、コミカルなシーンもたくさんあって、新しいキャラクターも出てくる。サプライズもドラマも、悲しみもある」と語る。そしてスタエルスキは「キアヌはすごくクリエイティブで、脚本、ストーリー、セリフのすべてに関わっている。格闘シーンができあがったらそこに何を足せるのか考えるんだ」とリーヴスを絶賛した。

※記事初出時、キャプションに一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

映画ナタリーをフォロー