映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

木村拓哉が考える“無限”の意味とは?「無限の住人」ロングインタビュー第2弾公開

296

「無限の住人」イメージカット

「無限の住人」イメージカット

無限の住人」の主演・木村拓哉のロングインタビュー第2弾が、本日1月31日の18時より公式サイトに掲載される。それに先駆け、コメントの一部が到着した。

不死身の身体を持ち、永遠に生きる男・万次を演じた木村は、本作における“無限”の意味を「時間や時空ということではなく、想いなんじゃないかと。感情ではなく想い。個人が抱くことができる想い」と推測する。両親を殺された少女・凜の中に、自分のせいで死なせてしまった妹・町の面影を見つけ、凜の用心棒となる万次。彼女を守ろうと熾烈な戦いに身を投じる万次について、木村は「凜を初めて見たときに、町とオーバーラップしてなかったら、あそこまで食いしばって立ち続けることはできなかったと思います。自分が死なせてしまった妹を凜に重ね合わせていたからこそ、そうすることができた」と分析した。

「無限の住人」は、沙村広明の同名マンガを三池崇史が実写化した時代劇アクション。万次を木村が、凜を杉咲花が演じるほか、福士蒼汰市原隼人戸田恵梨香栗山千明市川海老蔵らが共演に名を連ねる。4月29日より全国ロードショー。

(c)沙村広明/講談社 (c)2017映画「無限の住人」製作委員会

映画ナタリーをフォロー