映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

佐藤寛太&美沙玲奈「イタズラなKiss」、苦労したシーンは「池ポチャ!」

398

「イタズラなKiss THE MOVIE2 ~キャンパス編~」舞台挨拶の様子。

「イタズラなKiss THE MOVIE2 ~キャンパス編~」舞台挨拶の様子。

「イタズラなKiss THE MOVIE2 ~キャンパス編~」の舞台挨拶が、1月28日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて開催され、佐藤寛太劇団EXILE)や美沙玲奈ら11名が登壇した。

多田かおるのマンガをもとにした本作は、ひとつ屋根の下で暮らすことになった入江直樹と相原琴子の恋模様を軸にしたラブコメディ。「イタズラなKiss THE MOVIE ~ハイスクール編~」に続く第2弾にあたる「キャンパス編」では、同じ大学に進学した2人の新生活が描かれる。入江を佐藤、琴子を美沙が演じた。

この舞台挨拶にはまず、佐藤と美沙、そして山口乃々華E-girls)、大倉士門灯敦生牧田哲也文音佐藤瑠生亮陣内孝則、監督の溝口稔が登場した。

撮影に苦労したシーンを聞かれると、佐藤と美沙は声をそろえて「池ポチャのところ!」と回答。2人でボートに乗ったところ琴子が急に立ち上がり、転覆してしまうこのシーンについて、佐藤は「浅い池で一発勝負で撮ります、と聞いていたのに、事前に潜ったダイバーさんが30秒近く戻ってこなくて。水深5mだと聞いて不安になりました」と振り返る。一方美沙は「実は私、カナヅチなんです。本番直前に佐藤さんにカミングアウトしたら驚いてましたね」と打ち明けた。

先輩・須藤役の牧田と、琴子のライバル・松本裕子役の文音は、本作よりシリーズに参加した。琴子の父親役の陣内は、「牧田は以前から知っていたけど、妙な二枚目芝居をするやつだったんですよ。ところが今回は出っ歯を生かしていい演技してましたね。文音ちゃんは大人の魅力を生かしていて見ごたえがあります。ぜひ琴子父と不倫関係、というスピンオフをやりましょうよ」と溝口に振る。しかし「2人とも素晴らしい役者さんですが、不倫スピンオフは怪しすぎるのでやりません(笑)」とキッパリ断られた。

イベント後半には、歌手の塩ノ谷早耶香が登場し、主題歌「BELIEVING」を披露。「こんなにたくさんの人に愛されている映画の主題歌でプレッシャーもありましたが、今日こうして皆さんと素敵な時間を過ごすことができてよかったです」とコメントする。また塩ノ谷と同じくEXILE PROFESSIONAL GYM(EXPG)出身の佐藤は、「同じスクールだった先輩と、こうして同じ舞台に立っているのが不思議な感じがしますね」と笑顔で述べた。

「イタズラなKiss THE MOVIE2 ~キャンパス編~」は全国で上映中。なお第3弾「イタズラなKiss THE MOVIE3 ~プロポーズ編~」は2017年春に公開予定だ。

(c)「イタズラなKiss THE MOVIE」製作委員会 (c)多田かおる/ミナトプロ・エムズ

映画ナタリーをフォロー