映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ブルーバレンタイン」監督の最新作「光をくれた人」ポスタービジュアル解禁

114

「光をくれた人」 (c)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

「光をくれた人」 (c)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランスが監督を務めた「The Light Between Oceans」が、「光をくれた人」の邦題で公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルも解禁された。

M・L・ステッドマンの小説「海を照らす光」をもとにした本作は、オーストラリア西部の孤島に住む夫婦の愛と葛藤を描く物語。灯台守のトムとその妻イザベルは、ある日島に漂着したボートに乗せられていた女の子の赤ん坊を自分たちの娘として育て始める。しかし、それから4年後に赤ん坊の生みの親であるハナが現れたことをきっかけに、2人の幸せな暮らしは揺らぎ始める。

トムとイザベルを演じたのは「スティーブ・ジョブズ」のマイケル・ファスベンダーと「リリーのすべて」のアリシア・ヴィキャンデル。「ナイロビの蜂」のレイチェル・ワイズがハナ役を務めた。

「光をくれた人」は2017年春、東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー