今度のセガールはマフィアの首領、主演作「沈黙の包囲網」予告編が到着

56

スティーヴン・セガール主演「沈黙の包囲網 アジアン・コネクション」と、ドミニク・パーセル主演「アバンダンド 太平洋ディザスター119日」の予告編がYouTubeにて公開された。

「沈黙の包囲網 アジアン・コネクション」 (c)2015 ASCON FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「沈黙の包囲網 アジアン・コネクション」 (c)2015 ASCON FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

大きなサイズで見る(全15件)

「沈黙の包囲網 アジアン・コネクション」 (c)2015 ASCON FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

「沈黙の包囲網 アジアン・コネクション」 (c)2015 ASCON FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.[拡大]

「沈黙の包囲網 アジアン・コネクション」は、セガールがマフィアの首領を演じたクライムアクション。東南アジアを舞台に、自身の資金源である銀行を襲われた主人公が、裏社会の包囲網を使って強盗を追い込んでいく。予告編は、セガール扮する首領のナイフアクションからスタート。強盗に激怒した首領が、「人の庭に入り、金を盗んで撃つとは、私に殺してくれと言っているようなものだ」と相手に銃を向けるさまも収められている。

「アバンダンド 太平洋ディザスター119日」 (c)2015 MAKING MOVIES LTD

「アバンダンド 太平洋ディザスター119日」 (c)2015 MAKING MOVIES LTD[拡大]

そして「アバンダンド 太平洋ディザスター119日」は、1989年に実際に起きた遭難事故にインスパイアされたディザスタームービー。「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのスタッフがVFXを担当した。予告編の中では、太平洋の真ん中で嵐に遭い、ヨットが転覆したことで主人公の男たち4人が過酷な状況に追い詰められる。捜査は難航し、彼らは世間に忘れられ“アバンダンド(見捨てられた者)”となっていく。

両作品は、東京・ユーロライブにてモーニング上映される。10月1、4、6、7日は「沈黙の包囲網 アジアン・コネクション」、3日と5日は「アバンダンド 太平洋ディザスター119日」がスクリーンにかけられる。

この記事の画像・動画(全15件)

関連記事

スティーヴン・セガールのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 スティーヴン・セガール / ドミニク・パーセル / ピーター・フィーニー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。