映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

T.レックスの絶頂期収めた「ボーン・トゥ・ブギー」新装版ソフト発売、爆音上映も

36

左からリンゴ・スター、マーク・ボラン、エルトン・ジョン。

左からリンゴ・スター、マーク・ボラン、エルトン・ジョン。

T.レックスの記録映画「ボーン・トゥ・ブギー」のソフトが、未発表映像を加えた新装版として7月6日にリリースされる。

同作は、マーク・ボラン率いるT.レックスがアルバム「電気の武者」などで英国ナンバーワンに輝き、グラムロックの担い手となった彼らの絶頂期を収めた映画。元ザ・ビートルズのリンゴ・スターが監督を、T.レックスやデヴィッド・ボウイを手がけたトニー・ヴィスコンティが音楽プロデュースを担当した。1972年のロンドンで行われたライブ「ウェンブリー マチネー・ショウ」の映像、リンゴ・スターやエルトン・ジョンとのスタジオセッションの様子などで構成されている。

この新装版は、同作初となるBlu-ray、2枚組DVD、デラックス・エディションの形態で発売される。Blu-rayには本編のほか、ライブ映像と映画の裏側を描くドキュメンタリーをミックスさせた“プレミア・ヴァージョン”が初収録される。またDVDには、ウェンブリーのバックステージを捉えた“リンゴ&マーク バックステージ”などの特典映像も。そのほかウェンブリーの音源をすべて詰め込んだ2枚組CDも別売りでリリースされる。そしてデラックス・エディションではそれらのBlu-ray、DVD、CDの内容が網羅され、7インチのレコードも付属する。それぞれの特典の詳細は特設ページを参照のこと。

なお7月4日には、東京・渋谷クラブクアトロにて、同作と「1972年 ウェンブリー マチネー・ショウ(昼公演)」の爆音上映会を開催。7月18日には兵庫・神戸アートビレッジセンターの「爆音映画祭 in 神戸」にて特別上映される。

「ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー」新装版発売記念 爆音上映会

2016年7月4日(月)東京都 渋谷クラブクアトロ

開場 19:00 / 開演 19:30
料金:前売り券 2000円(ドリンク代別)
※「1972年 ウェンブリー マチネー・ショウ(昼公演)」と併映

2016年7月18日(月・祝)兵庫県 神戸アートビレッジセンター

開場 10:50 / 開演 11:00
料金:当日券 1500円 / KAVC会員 1300円 / 前売り券 1300円
※「爆音映画祭 in 神戸」内での上映

映画ナタリーをフォロー