映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ミモザの島に消えた母」予告公開、兄妹が母の死の裏にある真実にたどり着くまで

50

「ミモザの島に消えた母」

「ミモザの島に消えた母」

「サラの鍵」の著者タチアナ・ド・ロネの小説を映画化した「ミモザの島に消えた母」の予告編がYouTubeにて公開。あわせてポスタービジュアルが解禁された。

本作は、西仏ノワールムティエ島、通称“ミモザの島”を舞台にしたヒューマンドラマ。母を失ってから30年を経た今も喪失感から抜け出せないアントワンが、妹アガッタと恋人アンジェルの協力のもと、母の死の真実を追い求める姿をサスペンスタッチで描き出す。アントワンをローラン・ラフィット、アガッタをメラニー・ロラン、アンジェルをオドレイ・ダナがそれぞれ演じた。

このたび公開された予告編は、母の命日を控え献杯する兄妹の姿から始まる。その後、事件当時を知る人々へと会いに行くアントワンに対して、父親が「ただの事故死だから掘り返すな」と釘を刺す場面が。兄妹が真実に近付くほど、家族間の溝が深まっていく。一方ポスタービジュアルには、フランス本土とミモザの島をつなぐ砂州“パッサージュ・デュ・ゴア”の風景とともに、ミモザの花と抱きしめ合う兄妹の姿が捉えられている。

「ミモザの島に消えた母」は7月23日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国でロードショー。

(c)2015 LES FILMS DU KIOSQUE FRANCE 2 CINÉMA TF1 DROITS AUDIOVISUELS UGC IMAGES

映画ナタリーをフォロー