映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「デッドプール」全米興行成績好スタートを受け、日本公開日が前倒しに

701

「デッドプール」

「デッドプール」

マーベルコミックを原作とした「デッドプール」の日本公開日が、当初の予定であった6月3日から、6月1日に変更されることが決定した。

現地時間2月12日に全米で封切られた本作は、初週週末興行成績が1億3500万ドルを突破し、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」「アバター」を超える20世紀フォックス映画史上最高のオープニング記録を達成。このヒットを受け、日本でも公開日が前倒しとなった。6月1日より、東京・TOHOシネマズ 日劇ほか全国で公開される。

本作は、常に軽口を叩き、金次第で敵にも味方にもなるアンチヒーロー・デッドプールを主人公としたアクションエンタテインメント。ガンで余命宣告を受けた元特殊部隊員ウェイド・ウィルソンが、人体実験により不死の肉体と超人的な戦闘力を手に入れ、“デッドプール”と名乗って活躍するさまを描く。「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」でも同役を演じたライアン・レイノルズが主演、VFX専門家のティム・ミラーが監督を務めた。

今回の発表に合わせ、YouTubeでは本作の海外版スポットを公開。1輪のバラを手にしたデッドプールが、「これはラブストーリーだよ」と語りかけてくる。

(c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー