映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「エベレスト3D」予告編、実話をもとに描く大自然の脅威と壮絶サバイバル

14

「エベレスト3D」 (c)Universal Pictures

「エベレスト3D」 (c)Universal Pictures

世界最高峰の山・エベレストに挑む探検家たちの冒険を描く、「エベレスト3D」の予告編がYouTubeにて公開された。

本作は1996年に起きた実話をもとに、エベレストにやってきた登山家たちの生き残りを懸けた戦いを3D映像化したサバイバルアドベンチャー。「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のジェイソン・クラークがツアー参加者の命を預かる隊長ロブ役を務め、もう1人の隊長スコットを「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホールが演じる。そのほかの出演者はジョシュ・ブローリンサム・ワーシントンキーラ・ナイトレイロビン・ライトら。

予告編は雄大なエベレストの風景とともに、その自然環境の厳しさを説明するロブの語りから幕を開ける。困難を乗り越え青空の下で登頂に成功する登山家たちだったが喜びもつかの間、彼らは急変する天候に襲われて極限状況に。約1年4カ月に及んだ撮影期間中、実際にエベレストでの撮影も行ったという映像の一部をこの予告編でチェックしてみよう。

「エベレスト3D」は、11月6日より東京・TOHOシネマズ 日劇ほかで全国公開。

映画ナタリーをフォロー