ある画家の数奇な運命

ある画家の数奇な運命

アルガカノスウキナウンメイ

2020年10月2日(金)公開[R-15] / 上映時間:189分 / 製作:2018年(独) / 配給:キノフィルムズ=木下グループ

(C)2018 PERGAMON FILM GMBH & CO. KG / WIEDEMANN & BERG FILM GMBH & CO. KG

解説 『善き人のためのソナタ』などのフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督が、現代美術界の巨匠、ゲルハルト・リヒターの半生をモデルに描くヒューマンドラマ。激動の時代のドイツを舞台に、複雑な運命をたどることとなる青年の苦悩と葛藤、そして成長を映し出す。『ピエロがお前を嘲笑う』のトム・シリングが主人公クルトを熱演した。

ストーリー 叔母の教えもあり、芸術に親しむ日ーを送っていたクルトは、第2次世界大戦後、東ドイツの美術学校に進学する。クルトは学校で出会ったエリーと恋に落ち、ふたりは結婚。しかし、エリーの父は元ナチ高官であり、クルトの叔母を死へと追い込んだ張本人だった。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
音楽:マックス・リヒター

キャスト

クルト・バーナート:トム・シリング
カール・ゼーバント:セバスチャン・コッホ
エリー・ゼーバント:パウラ・ベーア
エリザベト・マイ:ザスキア・ローゼンダール
アントニウス・ファン・フェルテン:オリヴァー・マスッチ

ある画家の数奇な運命の画像