コーヒーをめぐる冒険

コーヒーをめぐる冒険

コーヒーヲメグルボウケン
OH BOY

2014年3月1日(土)公開 / 上映時間:85分 / 製作:2012年(独) / 配給:セテラ・インターナショナル

(C) 2012 Schiwago Film GmbH, Chromosom Filmproduktion, HR, arte All rights reserved

解説 ドイツ映画界で注目を浴びる新鋭、ヤン・オーレ・ゲルスター監督のデビュー作。ベルリンで暮らす心が曇りがちな青年の冴えない1日の心情がモノクロームの美しいシャープな映像で綴られる。ドイツの映画祭で作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞などの主要6部門に輝き、国内の映画賞を総ナメにした注目の1作。主演は『素粒子』のトム・シリング。

ストーリー ニコは2年前に大学を辞めたことを親に秘密にしたまま、日々を過ごしていた。ある朝、彼は起きるなり恋人に質問攻めに遭い、挙句に部屋を追い出されてコーヒーを飲みそこねる。彼はそのままベルリンに向かい、取り上げられた免許証を返してもらうとするが……

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:ヤン・オーレ・ゲスルター

キャスト

ニコ・フィッシャー:トム・シリング
フリデリーケ・ケンプター
友人マッツェ:マルク・ホーゼマン
恋人エリ:カタリーナ・シュットラー
ユストゥス・フォン・ドホナニー
神経質な心理学者:アンドレアス・シュレーダース
クサい芝居の俳優:アルント・クラヴィッター
不良青年リーダー:フレデリック・ラウ
ウルリッヒ・ネーテン
老人フリードリヒ:ミヒャエル・グヴィスデク

コーヒーをめぐる冒険の画像