映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

《シネマ歌舞伎》蜘蛛の拍子舞

シネマカブキクモノヒョウシマイ

解説

建て替えによる一時閉館に伴って開催された“歌舞伎座さよなら公演“の中から、坂東玉三郎主演の舞踏劇をシネマ歌舞伎で上映。源頼光と家臣の渡辺綱、坂田金時ら四天王による土蜘蛛退治の物語で、玉三郎の美しく妖気漂う女郎蜘蛛の精への変化や、尾上松緑、尾上菊之助らの美しい舞、坂東三津五郎の豪快な押戻しなどが、スクリーンで堪能できる。

ストーリー

荒れ果てた空御所に物の怪が現れると聞き、四天王のひとり・渡辺綱を伴って検分に訪れた源頼光。突如現れた美しい白拍子・妻菊に魅了され拍子舞を踊るが、灯火に照らされた彼女の影が蜘蛛に見えることから物の怪と見破る。だが、妻菊は恐ろしい女郎蜘蛛に豹変し……。

2010年5月1日(土)公開 / 上映時間:69分 / 製作:2010年(日本) / 配給:松竹

(C)松竹株式会社

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー