青木崇高

青木崇高

アオキムネタカ

1980年3月14日生まれ、大阪府出身。2002年に映画「マッスルヒート」でデビューし、2007年から2008年にかけて放送されたNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」で注目を集める。2010年はNHK大河ドラマ「龍馬伝」での熱演が話題に。「海猿」シリーズや「るろうに剣心」シリーズ、「黄金を抱いて翔べ」など映画でも活躍し、おおさかシネマフェスティバル2013では助演男優賞を受賞した。そのほかの出演作に「雨にゆれる女」「来る」「朝が来る」「HOKUSAI」、ドラマ「ちかえもん」などがある。妻は女優の優香。

リンク

情報提供:ぴあ

関連する画像