ヘイデン・クリステンセン

ヘイデンクリステンセン

13歳の頃からTVドラマに出演、「マウンテン・ウォーズ ホライズン高校物語」(2000)で注目される。「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」(2002)で若き頃のダース・ベイダー、“アナキン・スカイウォーカー”役に大抜てきされ、スターの地位を確立。父子の絆を描く「海辺の家」(2001)でゴールデン・グローブ助演男優賞にノミネートされた。

関連する画像