レナ・オリン

レナオリン

イングマール・ベルイマン主宰の王立劇場で舞台女優として活躍。「存在の耐えられない軽さ」(1988)の出演により、いきなり国際舞台に。また「蜘蛛女」(1994)での演技が多くの批評家に絶賛された。ラッセ・ハルストレム監督夫人でもある。