瀬川昌治

セガワマサハル

1949年、新東宝の製作部に入り、1950年、監督部へ。1959年、東映に移籍、「喜劇・急行列車」(1967)をヒットさせたあたりから、喜劇監督として才能を見せる。以降、“列車”シリーズや、松竹の“旅行”シリーズを発表。

瀬川昌治の画像