森一生

モリカズオ

日活を皮切りに、永田雅一について、第一映画社、新興キネマと渡り歩いて監督に。1952年「荒木又右衛門 決闘鍵屋の辻」で注目され、1959年に市川雷蔵の代表作「薄桜記」を作る。

関連する画像