コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「手塚×石ノ森 マンガのちから」展、羽海野チカらも寄稿

442

特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」が、6月29日から9月8日にかけて東京都現代美術館にて開催される。

この展覧会は手塚治虫、石ノ森章太郎の歩みと作品に込められたメッセージを振り返りつつ、“マンガのちから”の源流を探るもの。会場には多数の原画がずらりと並び、手塚の初期作「メトロポリス」の初公開となる原稿や、 新たに発見されたデビュー前の未発表マンガ原稿、石ノ森のアイデアノートなど貴重な資料も披露される。また多くのマンガ家を輩出したアパート・トキワ荘を立体的に再現。

さらに2人の作品から影響を受けて育った各界著名人による、オマージュ作品も多数展示する。国内のマンガ界からは羽海野チカ小畑健呉由姫さいとう・たかを島本和彦ちばてつや次原隆二永井豪藤子不二雄(A)細野不二彦松本零士水木しげるやなせたかしヤマザキマリ和月伸宏らが名を連ねた。またももいろクローバーZがそれぞれセレクトした「サイボーグ009」の能力を、実写マンガ風に表現した等身大パネルも登場。ほかにも名越康文によるキャラクター分析パネル、コシノジュンコによる衣装、山下達郎、佐野元春による楽曲の映像など、多彩な作品が一堂に会する。

特別展「手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」

会期:2013年6月29日(土)~9月8日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室B2F
休館日:月曜日(ただし7/15は開館)、7月16日
時間:10:00~18:00 ※ただし7/19、26、8/2、9、16、23、30、9/6は10:00~21:00(入場は閉館の30分前まで)
料金:一般1200円、大学生・65歳以上900円、中高生700円、小学生以下無料 ※小学生以下は保護者の同伴が必要

コミックナタリーをフォロー