コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

花とゆめコミックスに新デザイン登場!イラストが全面に

1198

白泉社の少女マンガレーベル・花とゆめコミックスに、新たなカバーデザインが登場する。

花とゆめコミックスは1975年に刊行を開始。これまでのカバーデザインでは、上部は白い背景に赤・白・青のトリコロールカラーのラインと赤字の作品タイトル、その下の四角い枠の中にイラストが配置されていた。新デザインでは全面にイラストや作品ロゴがあしらわれ、表紙の右上部分にトリコロールラインが小さめに入れられている。

この変更はすべての作品に該当するものではなく、これまで通りのデザインで今後新刊が出るタイトルもあるとのこと。6月刊の単行本のうち新デザインでリリースされるのは、6月5日発売の森生まさみ「らびっとアリス」1巻、弓きいろ「WILD WING」、林みかせ「うそカノ」1巻、6月20日発売の平間要「ぽちゃまに」2巻、友藤結「星降るまきば!」、さかたき新「みすけん!」、都戸利津「嘘解きレトリック」1巻、久世番子「パレス・メイヂ」1巻。

また花とゆめコミックスの新たな試みとして、1冊丸ごと描き下ろしの単行本も今後発売されていく。第1弾として7月5日に、川瀬夏菜「鬼の往き路 人の戻り路」と小椋アカネ「彼女になる日」の2冊が刊行される。

コミックナタリーをフォロー