「めだかの学校」の森ゆきえ、藩擬人化マンガを刊行

170

「めだかの学校」で知られる森ゆきえと作家・歴史エッセイストの堀江宏樹による「藩擬人化まんが 葵学園」が、本日2月5日に発売された。

「藩擬人化まんが 葵学園」

「藩擬人化まんが 葵学園」

大きなサイズで見る

「藩擬人化まんが 葵学園」は、江戸時代を生徒数約300人の男子校に見立てた藩擬人化マンガと、堀江による歴史解説を収録した歴史読本。生徒会長・江戸くんが牛耳る葵学園を舞台に、次期生徒会長の座を狙う尾張くん、水戸くん、紀州くんをはじめとする擬人化された藩たちの姿が描かれている。

森ゆきえのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 森ゆきえ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。