コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

鈴木央「七つの大罪」週マガで開幕、大悪党めぐる冒険記

106

「ライジングインパクト」「ブリザードアクセル」などで知られる鈴木央の新連載「七つの大罪」が、本日10月10日発売の週刊少年マガジン45号(講談社)にてスタートした。

同作はかつて王国の転覆を企てたとされる、7人の大悪党集団「七つの大罪」をめぐる冒険ファンタジー。少年のような見た目をした酒場のマスター・メリオダスが、「七つの大罪」を探し歩く美女・エリザベスと出会うことから物語は始まる。横暴な聖騎士たちが国を支配する世界を舞台にした、壮大な英雄譚だ。

なお同作は、昨年11月に読み切りとして発表された短編をスケールアップさせたもの。読者の反響に後押しされ連載が決定した。これまで週刊少年ジャンプ(集英社)、週刊少年サンデー(小学館)、週刊少年チャンピオン(秋田書店)と、複数のメジャー少年誌で活躍してきた鈴木だが、週刊少年マガジンでの連載はこれが初。「七つの大罪」をもって、4大週刊少年マンガ誌のすべてで連載を経験することになる。

このほか10月17日発売の週刊少年マガジン46号からは、榎本智の新連載「男魂ロック」が始動する。

コミックナタリーをフォロー