コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

舞台「キャッツ♥アイ」3姉妹と女刑事・浅谷の配役決定

47

北条司「キャッツ♥アイ」を、ハロー!プロジェクトの演劇企画・劇団ゲキハロが舞台化する。メインキャストはBerryz工房、℃-uteのメンバーで固められており、その配役が発表された。

長女・来生泪役は須藤茉麻、二女・来生瞳役は矢島舞美、来生愛役は萩原舞、女刑事の浅谷光子役は清水佐紀が担当。そのほか熊井友理奈、中島早貴、菅谷梨沙子の出演も決定している。

舞台は「盗む側にドラマがある」をテーマにしたAバージョン、「盗まれる側にもドラマがある」をテーマにしたBバージョンを上演。2つのバージョンで脚本・演出は異なるが、演じる役どころは変わらない。

舞台のため7人は「キャッツ♥アイセブン」というユニットを組み、劇中歌を披露する予定。また衣装は、月刊コミックゼノン(徳間書店)で連載されている阿佐維シン作画のスピンアウト作品「キャッツ♥愛」をイメージしたものになっている。

なお月刊コミックゼノンの公式サイトでは、撮り下ろしのキャストコメントを動画配信している。舞台化に期待を寄せるファンは要チェックだ。

Aバージョン:「盗む側にドラマがある」概要

喫茶店「CAT'S EYE」を切り盛りする、泪、瞳、愛の美人三姉妹。
その正体は、あざやかなレオタードに身を包み、
猫のようにしなやかに美術品や宝石を盗み出す、
神出鬼没の怪盗だった。
彼女らを捕まえることに執念を燃やす若い熱血刑事・内海俊夫と瞳は恋人同士。
瞳のラブロマンスの行方が、キャッツ♥アイに最大のピンチとなって襲いかかる──

Bバージョン:「盗まれる側にもドラマがある」概要

「キャッツ♥アイから予告カードが届いたの。
お願い。この絵を守ってちょうだい」
依頼を受けたのは、駆け出しの女探偵二人組。
そして、その絵には呪われた秘密があった。

コミックナタリーをフォロー