コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「地上最大の手塚治虫」展にアトム、レオ、BJの原画ずらり

346

「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」など手塚治虫作品の原画を数多く展示する「地上最大の手塚治虫」展が、世田谷文学館にて4月28日よりスタートする。

同展のタイトルは、「鉄腕アトム」の人気エピソード「地上最大のロボット」にちなんだもの。会場では「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」のほか、「リボンの騎士」「ブラック・ジャック」など代表作の原画が一堂に会する。また「ブラック・ジャック」のエピソード「二つの愛」は、1話分まるごとの原画が展示される。

さらに手塚の自筆による「スター名鑑」全ページがスライドショーで閲覧できる。手塚はひとりのキャラクターを劇団員と考え、複数の作品にまたがって登場させる“スターシステム”の開祖。「スター名鑑」には各スターの詳細データがまとめられているので、新たな発見が数多くありそうだ。原画から掲載誌、愛用品など約350点が展示される大規模展示、ぜひGWに足を運んでみては。

「地上最大の手塚治虫」展

会期:2012年4月28日(土)~7月1日(日)
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
会場:世田谷文学館
休館日:毎週月曜日(ただし4月30日は開館、翌5月1日は休館)
料金:一般800円、高校・大学生600円、65歳以上400円、障害者400円、中学生以下無料

コミックナタリーをフォロー