こふでの江戸人外BL「べな」3巻が12月発売、八代拓と浦和希出演のドラマCD付特装版も

148

こふで「べな」の3巻が、12月10日に発売。通常版に加え、ドラマCD付きの特装版も用意されている。

「べな」3巻

「べな」3巻

大きなサイズで見る(全2件)

江戸時代を舞台とする「べな」は、薄幸の美青年・壱と孤独な鬼・べなの姿を描く人外BL。双葉社の電子BL誌・comic marginal(コミックマージナル)で発表されている。ドラマCDでは、2巻発売時に公開されたPVに引き続き、べな役を八代拓、壱役を浦和希が担当。八代は「PVでも演じさせていただいたキャラクターで、こうしてドラマCDの中でストーリーを紡げたことをとても嬉しく思っています」とコメントし、浦も「特典ドラマCDという事で、また壱を演じさせていただけて、べなに関われて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。彼らの気持ちを沢山考えながら演じさせていただきました」と述べている。

八代拓(べな役) コメント

キャラクターを演じてみた感想

今回演じさせていただいた“べな”というキャラクターは非常に難しいキャラクターでした。人間ではありますが、生きてきた環境が特殊すぎるが故に、鳴き声のような声や不明瞭な言葉を発する必要がありました。その塩梅をストーリーの進行とともに変化させていくというのはとても楽しく大変でした。しかし壱との関係や自分との葛藤の中で生まれる感情は、読んでいても深く胸に刺さるものがあったので、そういった部分を演じられて嬉しいです。

ファンへのメッセージ

PVでも演じさせていただいたキャラクターで、こうしてドラマCDの中でストーリーを紡げたことをとても嬉しく思っています。この作品の世界観や登場人物達の関係性は、現在ではないものだったり、でもどこか共感できたりするものだと思います。是非たくさんの方に聞いていただきたいです。

浦和希(壱役)コメント

キャラクターを演じてみた感想

今回のお話をいただいた時、PVに引き続きまた壱を演じさせていただけるなんて!と、とても嬉しく思いました! 収録で改めて感じたのは、特に世界観の奥行きの深さです。
僕のような江戸について簡単な事しか知らない人間でも引き込まれるお話の作りはもちろんですが、詳細な設定を掘り下げれば掘り下げるほど作品の見方が少し変わったり、実は見えない伏線があったり、と作品が自分の中で無限に広がっていきます。なので演じる前からとても楽しかったです!
そんな感じで個人的には本編は激動!と言った感じですが、短編の方では二人の日常を楽しめる内容です。
壱もべなも可愛くて、べな役の八代拓さんとの掛け合いが楽しくて。ぜひ皆さんに聞いて楽しんでいただきたいたいです!

ファンへのメッセージ

皆様お久しぶりです、PVに引き続き壱役を務めさせていただきました、浦和希です。
特典ドラマCDという事で、また壱を演じさせていただけて、べなに関われて本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。彼らの気持ちを沢山考えながら演じさせていただきました。
ぜひ皆さんに楽しんでいただき、そして、どうかこれからも『べな』を温かい目で末長く見守ってくださると幸いです。

この記事の画像(全2件)

関連記事

八代拓のほかの記事

リンク

関連商品

(c)こふで/双葉社

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 八代拓 / 浦和希 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。