コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

唐々煙の新連載「曇天に笑う」始動、1巻は早くも3月発売

15

本日2月15日に発売された月刊コミックアヴァルス3月号(マッグガーデン)にて、「カウントダウン7days」4巻が本日発売されたばかりの唐々煙による新連載「曇天に笑う」がスタートした。

「曇天に笑う」の舞台は明治時代。琵琶湖の真ん中に作られた監獄の橋渡し役を担う、曇神社曇家三兄弟の活躍を描く冒険活劇だ。早くも3月15日に、読み切り作品「泡沫に笑う」を併録した単行本1巻が発売される。

なお今号では、藤野もやむ「忘却のクレイドル」と神田はるか「カポーん。」が最終回を迎えた。3月15日に発売される次号月刊コミックアヴァルス4月号では、浅野りん「パンゲア・エゼル」が約8年の連載に幕を閉じ、瀬川藤子の新連載「VIVO!」がスタートする予定だ。

コミックナタリーをフォロー