実写版「カウボーイビバップ」吹替に山寺宏一、若本規夫らアニメ版声優が多数参加

3347

アニメ「カウボーイビバップ」を原作とするNetflix実写シリーズ「カウボーイビバップ」の日本語吹替版キャストが発表された。主人公スパイク・スピーゲル役の山寺宏一をはじめ、アニメ版キャストが多数参加している。

Netflix実写シリーズ「カウボーイビバップ」吹替版キャストの一覧。

Netflix実写シリーズ「カウボーイビバップ」吹替版キャストの一覧。

大きなサイズで見る(全18件)

ジョン・ チョーが主演を務め、11月19日より配信される実写シリーズ「カウボーイビバップ」。吹替版では山寺のほか、フェイ・ヴァレンタイン役の林原めぐみ、ビシャス役の若本規夫、ジュリア役の高島雅羅らがアニメで演じたキャラクターに声をあてる。さらにパンチ役で垂木勉、ジュディ役で長沢美樹、テディ・ボマー役で土師孝也、グレン役で堀内賢雄、マオ役で磯辺万沙子、シン役で朴ろ美、リン役で緑川光が出演。アニメで石塚運昇が演じていたジェット・ブラック役は楠大典に決定した。

山寺は「カウボーイビバップは僕にとって本当に大切な作品です。実写版が作られる事を心待ちにしていました。アニメ版へのリスペクトを強く感じ感動しています」とコメント。さらに「今回スパイクを見事に演じているジョン・チョーさんの演技に合わせつつ、自分が演じてきたスパイクの雰囲気もしっかり出せればと思っています。実写版ならではの設定や展開も多々あります。ビバップを好きだった方にも、全く知らなかったという方にも楽しんでいただけたら嬉しいです!」と意気込みを綴った。

また日本のNetflixで配信中のアニメ「カウボーイビバップ」が、10月21日からNetflixにて全世界190カ国で配信されることも決定。アニメの監督を務めた渡辺信一郎は、「カウボーイビバップの世界が、20年以上経った今、そしてこれからも続いていくのは、驚きでありとても光栄です」と喜びを語った。

この記事の画像・動画(全18件)

Netflixシリーズ「カウボーイビバップ」

Netflix:2021年11月19日(金)より全世界独占配信(全10話)

吹替版キャスト

スパイク・スピーゲル:山寺宏一
ビシャス:若本規夫
フェイ・ヴァレンタイン:林原めぐみ
ジュリア:高島雅羅
ジェット・ブラック:楠大典
パンチ:垂木勉
ジュディ:長沢美樹
テディ・ボマー:土師孝也
グレン:堀内賢雄
マオ:磯辺万沙子
シン:朴ろ美
リン:緑川光

※朴ろ美のろは王へんに路が正式表記。

全文を表示

※記事初出時、アニメ「カウボーイビバップ」の配信日に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

関連記事

山寺宏一のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山寺宏一 / 林原めぐみ / 若本規夫 / 楠大典 / 高島雅羅 / 長沢美樹 / 土師孝也 / 堀内賢雄 / 朴ろ美 / 緑川光 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。