パターン青!使徒です!「エヴァンゲリオン人狼」キャラになりきって使徒を見つけ出せ

195

「エヴァンゲリオン」シリーズを題材にした人狼ゲーム「エヴァンゲリオン人狼」が7月下旬頃に発売される。

「エヴァンゲリオン人狼」

「エヴァンゲリオン人狼」

大きなサイズで見る(全2件)

「エヴァンゲリオン人狼」は、シンジやレイといった作中のキャラクターになりきって会話をする中で、人間に擬態してNERV職員たちを侵食しようと企む使徒を見つけ出すコミュニケーションゲーム。最低5人から最大12人のプレイヤーと1人のゲームマスターで遊ぶことができる。なおゲームに使用するカードにはキャラクターのイラストや、作中シーンの場面カットなどがデザインされた。また最低3人から遊べる、初心者にもやさしい短時間で簡単ルールのおまけゲーム「NERV本部はおおさわぎ!」も収録されている。

価格は税込3850円。東京・池袋のEVANGELION STORE TOKYO-01や全国のアニメイトなどで取り扱われる。「エヴァンゲリオン」シリーズの公式通販サイト・EVANGELION STOREでは、現在予約を受付中だ。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

(c)カラー

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。