「閃光のハサウェイ」新公開日は6月11日、マフティーからの“活動開始”声明も

1660

劇場版「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」の新たな公開日が、6月11日に決定した。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」キービジュアル

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」キービジュアル

大きなサイズで見る(全6件)

マフティー声明動画より。

マフティー声明動画より。[拡大]

当初は2020年7月23日に封切られる予定だったものの、新型コロナウイルス感染症の拡大状況を受けて公開延期となっていた同作。新たな公開日発表とともに、ハサウェイ・ノアの別名であるマフティー・ナビーユ・エリンが率いる反地球連邦政府運動マフティーが映画館を拠点に“活動開始”を行う声明動画がマスコミ各社に送られ、動画内では「幾度となく襲ってきた、数多の困難を耐え抜き、ついに我々は、地球を腐敗の星へと追いやる地球連邦政府に対し、6月11日に劇場を拠点に活動を開始する」というメッセージが発信された。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」は、富野由悠季が執筆し、1989年に出版された同名小説を原作とした作品。ブライト・ノアの息子ハサウェイが、新型モビルスーツ・Ξガンダムを駆り、地球連邦政府に反旗を翻す姿が描かれる。

マフティー声明

報道関係者・マスコミ関係者 各位

我々は、反地球連邦政府運動マフティーである。
一人でも多くの方々に我々の理念を伝えるため、
声明を発する。

幾度となく襲ってきた、数多の困難を耐え抜き、
ついに我々は、地球を腐敗の星へと追いやる地球連邦政府に対し、
6月11日に劇場を拠点に活動を開始する。

報道・マスコミ関係者各位においては、本声明をあまねく人々に伝えていただき、
我々の活動に対し、ご賛同いただけることを願うばかりである。

この記事の画像・動画(全6件)

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」

2021年6月11日(金)全国ロードショー / Dolby Cinema、4D同時公開

スタッフ

企画・製作:サンライズ
原作:富野由悠季、矢立肇
監督:村瀬修功
脚本:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:pablo uchida、恩田尚之、工原しげき
キャラクターデザイン原案:美樹本晴彦
メカニカルデザイン:カトキハジメ、山根公利、中谷誠一、玄馬宣彦
メカニカルデザイン原案:森木靖泰
音楽:澤野弘之
配給:松竹ODS事業室

キャスト

ハサウェイ・ノア:小野賢章
ギギ・アンダルシア:上田麗奈
ケネス・スレッグ:諏訪部順一
レーン・エイム:斉藤壮馬

アムロ・レイ:古谷徹

ガウマン・ノビル:津田健次郎
エメラルダ・ズービン:石川由依
レイモンド・ケイン:落合福嗣
イラム・マサム:武内駿輔
ミヘッシャ・ヘンス:松岡美里
ミツダ・ケンジ:沢城千春
メイス・フラゥワー:種崎敦美
ハンドリー・ヨクサン:山寺宏一

※種崎敦美の崎はたつさきが正式表記。

全文を表示

関連記事

富野由悠季のほかの記事

リンク

(c)創通・サンライズ

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 富野由悠季 / 小野賢章 / 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。