「約ネバ」コンビがシャネルとコラボ!展覧会の開催に描き下ろし単行本の発売も

274

「約束のネバーランド」の白井カイウ、出水ぽすかと、シャネルの協業による展覧会「MIROIRS - Manga meets CHANEL Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか」が、4月28日から6月6日まで東京のシャネル・ネクサス・ホールで開催される。

「MIROIRS - Manga meets CHANEL / Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか」ビジュアル (c)白井カイウ・出水ぽすか/集英社

「MIROIRS - Manga meets CHANEL / Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか」ビジュアル (c)白井カイウ・出水ぽすか/集英社

大きなサイズで見る

展覧会はその名の通り「MIROIRS(鏡)」をテーマにしており、白井と出水がシャネルというブランドからインスピレーションを受けて描き下ろしたマンガをもとに、そのストーリーに込められたメッセージやシャネルの貴重な資料を立体的に表現。マンガの3つの章に合わせて構成された3つの空間で、マンガとともにシャネル N°5、リップスティック、リトル ブラック ドレスといったアイテムをはじめとする、シャネルにまつわる貴重な資料も複合的に展示していく。なお描き下ろしマンガは現代の東京が舞台となっており、シャネルを創設したガブリエル・シャネルの哲学などを体現する登場人物3人のエピソードを展開。さらに描き下ろしマンガをまとめた単行本「miroirs」が、4月30日に集英社より刊行される。

入場は無料で事前予約制となっており、現在シャネル・ネクサス・ホールの公式サイトでは5月15日までの分の来場予約を受付中。会期中には東京・シャネル銀座ブティックのマロニエ通り側ショーウィンドウに、同展のスペシャル展示が登場する。また「MIROIRS」の巡回展が京都で開催される「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」で行われる予定だ。

白井は描き下ろしマンガや展覧会について「避けられない“自分”そのものを映し、教えてくれる“鏡”。今回、ガブリエルの数ある多面(と私個人が感じ取ったもの)の一部をモチーフにして、各章それぞれの物語を組み立てました。ガブリエルの多面性を何枚もの鏡に見立て、また、ガブリエルのアパルトマンの印象的な鏡の数々をイメージして、タイトルは『MIROIRS』にしました」とコメントした。

白井カイウコメント

『MIROIRS』(ミロワール)はフランス語で“鏡”の複数形、複数枚ある鏡を指します。ガブリエル シャネルについて調べていく中で、彼女が語ったと言われる、「鏡は厳しく私の厳しさを映し出す それは鏡と私の闘い 私という人間をあらわにする」という言葉がありました。避けられない“自分”そのものを映し、教えてくれる“鏡”。今回、ガブリエルの数ある多面(と私個人が感じ取ったもの)の一部をモチーフにして、各章それぞれの物語を組み立てました。ガブリエルの多面性を何枚もの鏡に見立て、また、ガブリエルのアパルトマンの印象的な鏡の数々をイメージして、タイトルは『MIROIRS』にしました。

「MIROIRS - Manga meets CHANEL / Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか」

会期:2021年4月28日(水)~6月6日(日)
時間:11:00~19:30
会場: 東京都 シャネル・ネクサス・ホール
入場:無料(事前予約制)

全文を表示

関連記事

出水ぽすかのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 出水ぽすか の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。