ゲームが趣味の27歳ニートがプロゲーマーに挑む新連載「利口になるには青すぎる」

84

大沼隆揮原作による内田裕人の新連載「利口になるには青すぎる」が、本日3月29日発売のヤングマガジン18号(講談社)にてスタートした。

「利口になるには青すぎる」バナー

「利口になるには青すぎる」バナー

大きなサイズで見る(全2件)

「利口になるには青すぎる」は、ゲームが趣味の27歳無職の青年・桜田はるとを描く物語。プロゲーマーと対戦し、勝ったチームは100万円がもらえるチャレンジ番組「ゲーマーズドリームSS」を観ていたはるとは、幼なじみで人気のシンガーソングライターになった木枯ゆきが次回の挑戦者として登場し驚く。さらにゆきは、はるとに番組に出演してほしいと連絡してきて……。久しぶりに集まった幼なじみ4人“四角レンジャー”は、プロゲーマーと対戦することになる。

この記事の画像(全2件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。